【2021年】ワイヤレスマウス オススメ3選【テレワーク向け】

テレワークに使えるワイヤレスマウスおすすめ3機種を紹介 暮らし
スポンサーリンク

もうすっかり、テレワークやオンライン授業が当たり前になって、需要が右肩上がりとなっているものの一つがワイヤレスマウス。

有線マウスはコードが絡まったり引っかかったりして、とにかく面倒くさい。というかウザい。
やはり、時代はワイヤレス。使い慣れてしまえばもう、有線マウスには戻れません。

ということで、今回はワイヤレスマウスのオススメ機種3つを紹介します。
他のサイトのように、10個や20個も紹介してきて「で、結局どれがいいのさ」と混乱させるなんてことはしませんのでご安心を。

おすすめ機種3選

ロジクール MX Anywhere 3 MX1700GR

回転数が一定以上になるとフリースピンにシフトする「高速スクロール」に対応。ページスクロールをするときに手が疲れにくいのが嬉しいポイント。
デバイスとの接続についてですが、1台しか接続できないものも多い中、これは3台のデバイスと接続可能。ボタンひとつでデバイス間の切り替えができます。

良いこと尽くめのマウスですが、クリック音が少し大きいという難点もあるので、そこはご注意を。

伊藤さん(20代女性)

1万円もするマウスなんて!!ですが、高速スクロールにひかれて買いました。黒いマウスがイヤなので選択肢が少なくこれに。
結果、すごくいいです!起きてる時間の大半はほぼPCの前にいるので1万円でも買ってよかったです。
スクロールを他のマウスですると肩や首にきて頭痛になるので今まではキーボードの矢印を使っていましたが、今はこのマウスで快適。
ネット閲覧・エクセルなどのスクロールも最高です。無線ですが、途切れなどもなく今のところ心配ないです。

伊藤さん(20代女性)

2つのマウスを持ち替えるのが面倒で、1つのマウスで3台のパソコンに接続できるこのマウスに買い換えました。
デバイス切り替えボタンで、どのパソコンを操作するか変更する想定で購入しましたが、このマウスにはLogicool Flow機能が付いており、切替ボタンを押すことなく、カーソルを画面の端まで持っていくと、自動的にデバイスが切り替わり、まるで1つのパソコンのようにカーソルを移動できます。この機能が予想以上に便利です。

無線マウスが300円で買える時代にこのお値段、その価値はアリと思うので仕事でがっつり使っています。左右ボタンもサイドボタンもホイールも、流石の自然なタッチに慣れたら安物に戻れんのが欠点といえば欠点か。

重すぎず軽すぎない。確かにぜいたくだけど、まあイイ車にのるようなものです。満足度は使ってみないとわからないかもですね。

何といっても持ちやすい!また充電式マウスに時々見られる充電中のマウスが使用不可になるケースだが、anywhere3ではそれもなく、緊急の充電が必要になった際にも、充電しながら使用できるのはとても助かります。

ただオンボードメモリタイプではないので、オフィスなどでLogicool Optionsがダウンロードできない環境のPCでは、100%のスペックを発揮できないのでオススメできません…。

ロジクール ‎Bluetooth M585

省電力性を考慮して開発されたBluetoothマウス。単3乾電池で、最長2年間も使い続けられるので、とにかくコスパ抜群。
マウスにはあまりお金を掛けたくないという人にオススメです。

一応USB無線もついているこの品を選んだのですが、ブルートゥースで大満足!
このマウスの更に偉いところは、USB無線レシーバーがマウスに内蔵されていて、紛失の心配がない事です。
ブルートゥースの調子がいいので出番はなさそうですが、保険として安心。
うたい文句の2台のPCは使っていませんが、この価格だけで満足。

Webの仕事が効率化しました。納品物に対して実機で簡単な見え方のテストをする際に、スマホに手を伸ばすという動作がなくなりました。ボタン一つでスマホに切り替えることで、解決です。
Bluetooth で繋いでおりますが、使用に困るような遅延や切断は感じられません。安定して動作しております。
デザインは、全体的にマットな感じです。安っぽいと感じられる方もいるでしょうが、私はカジュアルな見た目で好印象です。
電池持ちも普段使いには十分です。残量は、Bluetooth デバイスの表示から確認できます。
総じて、買って良かったと感じた製品でした。

伊藤さん(20代女性)

会社用と自分用と2台並べての作業のとき、2つのマウスを使っていて使いづらいなと思っていました。そこでこのマウスを買いました。

接続はすぐにできて、マウスの1と2の切り替えもボタンですぐにできるのでとても便利。もっと早く使えばよかったと思います。私はレシーバーは使わず、2台ともBluetooth接続で使用しています。

エレコム Bluetooth (iOS対応) M-BT18BBBK

握りやすさを重視して設計されたBluetoothマウス。
コンパクトで手に馴染みやすく、仕事などで長時間使っていても手が痛くならないのが嬉しいポイントです。

このマウスにした理由は、軽い力でクリックできて、関節への負担が少ないことです。
Mサイズのほうが使いやすく、商品重量は64gと軽いです。
省エネモードからの復帰には1~2秒程度かかるため反応が遅れますね。
(水平スクロールはShiftキーを押しながらでできますよ。面倒くさいかな。)
私はAmazonアウトレットから格安で購入できたのでとても満足しています。
今では、予備ではなく普段使いにしています。

伊藤さん(20代女性)

自宅で使っていたワイヤレスマウスが購入4年でついに壊れたので、新しいのを買うことにしました。
実際使ってみると全く問題もなく非常に快適に使えています。壊れたマウスはレーザー式でしたが、こちらのBlueLEDの方が感度が良いと感じます。全くストレスがありません。
強いて言えばSサイズはかなり小さめですね。自分は女性で手も小さめの方なので敢えて小さいマウスを選ぶことも多いくらいですから一切問題ありませんが、漠然と想像するSサイズよりは一回り小さいと思っておかれた方が良いです。Sサイズは手が大きい男性だと使いづらいのではないでしょうか。

伊藤さん(20代女性)

手が小さいのでSサイズがジャストフィット。大きいと手が疲れるので、この小ささがありがたい。
少し凹ませたフォルム以外はさして凝った造りではないですが、こちらも別にそんなに凝ったことは求めていない。
Sサイズ、そして手頃な値段。そうそう、こういうので良いんだよ!!と言いたい商品です。

初めてBluetooth接続のマウスを購入しました。Amazonアウトレットで1100円くらいで買えたのも満足しています。レビューを拝見すると、『すぐに接続が切れてしまう』『反応しなくなった』などの記載があり、少し心配していたのですが、私の場合(Windows10)のノートPCで使っていますが、今のところ何ら問題なく機能しています。今のところ、とっても快適に機能していて満足しています。
マウスの大きさは個人の好みだと思いますが、持ち歩きに便利で指先でチョイチョイ動かしたい方にはとても良いと思います。

ワイヤレスマウス オススメ3機種 まとめ

ワイヤレスマウスならなんでもいい、というわけではありません。
中には、使って1年もしないうちに不具合が頻発するようなとんでもない欠陥品も紛れています。

そういうハズレを引かないためにも、買う前の情報収集は欠かせません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました